プレビュー画面で大きさを確認。

縦向き、横書き、郵便番号は「小さめの文字」のチェックは外し大きく印刷。郵便枠は、印刷速度を遅くし、また朱色又は金赤色の必要があるのでカラープリンターでなければならないので、「枠も印刷する」のチェックは外す。

フォントは、インクをあまり消費しないHGS教科書体などを選ぶ。文字サイズ等は、参考まで。はみ出すと困るので、「文字を自動縮小しない」のチェックは外す。

EP-302を使用した時の例
 印刷品質は、スピード優先であれば「標準」を選択、郵便枠を印刷しない場合は「グレースケール」を選択(但し、この機種の場合はBK以外も利用される)。用紙サイズは「ハガキ」。インク切れ後の交換スタート時は、試しハガキを利用し、ちゃんと印刷されるか事前に確認のこと(私の場合、安い互換インクを使っているので特に)。

トラブルを想定し、印刷は100部など小分けにして指定した方が無難。